実行委員こぼれ話 -キービジュアル編-


今年の西荻ラバーズフェスのキービジュアルを制作いたしました、実行委員のホシです。
今回はキービジュアル制作のこと”西荻ラバーズフェス”との出会いのことなどお話できたらと思います。

私は西荻窪が地元です。
転勤などで離れていた時期もありましたが、多感な時期を西荻のまちで過ごしました。

そんな私が、「西荻でフェスやります !」という情報を目にした時、「えええええっ!ちょっとまって、大丈夫? 」と、正直はじめの頃は思っていました(笑)。

というのも、きちんと西荻のまちや住まう人々と向き合ったつくりかたをしているのだろうか…などという懸念が、実行委員の皆さんと出会うまであったからだったりします。

愛すべきまち西荻で開催されるものだからこそ一過性のお祭りであって欲しくない、楽しいだけでは終わらない、きちんとつづくもの、世代をつなぐものあって欲しい。
少しでもよりよいフェスになるようお手伝いできればという思いから、昨年実行委員になり、今に至ります。

16409211_1294474353929664_1162598488_o

そんな今年度は、キービジュアルを作成させていただく事になりました。

昨年のチームがつくりあげたイメージを壊さないように、グラフィックデザイナーの柴田さんがデザインされたロゴが引き立つことを一番に心がけ作成しています。

西荻ラバーズフェスでは、お日様の下、人々が集い、美味しいご飯と素敵な音楽、ときめく雑貨との出会いなど…様々なものが桃井原っぱ公園の一日を彩ります。
ビジュアルも単体ではなく様々な要素が揃って初めて一つになるような、そんなつくりかたをしました。

昨年の記録写真を使ってコラージュしているのですが、ビジュアルの中に登場しているこけしちゃん、今年も会場に登場いたしますのでお楽しみに!

16388818_1294474350596331_1589618937_o

西荻ラバーズフェスは、海でもない、山でもない、森でもない、住宅街がある風景の中で開催されるフェスティバルです。
日常と地続きのフェスティバルだからこそ、まちの知らなかった新たな一面と出会えるかもしれません(私も実行委員を通じて知らなかったまちの一面と出会いました)。

会場で楽しんだ後は、是非西荻のまちで美味しい夜を堪能していただけたら此れ幸いです。

西荻であいましょう。